日焼け止めは美白効果があります

  • 肌の美白はどのような原理でできるのか

    • 普段化粧品などを手に取ると良く見る美白という文字、これはどのような原理で肌を白くしているのかご存知でしょうか。



      白い透き通った肌は女性にとってとても憧れです。



      肌のケアをして白い美しい肌を手に入れるためには、まずは私たちが日ごろ手に取る化粧水がどのような原理で肌を白くしているかを知ることも大切です。

      そこで美白化粧品はどんな原理で美白効果があるのかということをご紹介しましょう。



      人は紫外線を浴びると肌が黒くなります。



      肌が日焼けをして紫外線のダメージをうけるとメラニンという物質がつくられ、肌が黒く見えるようになります。

      このメラニンを生成するいわば工場のような場所がメラノサイトと言われるものです。


      肌に紫外線があたるとメラノサイトがメラニンを作るように指令が出て、メラニンが生成される仕組みになっています。
      その結果肌が黒く見えてしまうのです。



      美白化粧品はこのメラノサイトとメラニンが肌を黒くする作用に着目して作られています。



      美白化粧品の成分にも様々で、たとえばメラノサイトがメラニンを生成しないようする成分が含んでいたり、メラニンの排出を促進するために新陳代謝を促すことで肌を次第に白くする作用があったり、メラニンの色自体を薄くする効果が含あったりと、成分によってそれらの作用は異なりますが、それぞれの機能を組み合わせたりしてお肌を白くするために効果的な化粧水は作られているのです。このようなものでケアをすることで効果はとても期待できますが、何より原因である紫外線を日常生活で防止することも重要です。

  • 関連リンク

    • 女性の多くは、くすみやしみのない透明感のある白い肌に憧れます。しかし、人間の肌は、紫外線を浴びたりすると黒くなります。...

    • 肌に対して添付できる商品には、例外なく美白の原理が応用された成分が入っています。美白の原理は医学的にも既に解明されており、例えば肌に対してシミができたとしても医術的な施術をすることによって簡単にそのシミを消すことができるのです。...