日焼け止めは美白効果があります

  • 美白できる原理について

    • 美白を効果的に行うためには、肌を白くしていく原理を理解しておくと効果的なケアをすることができます。

      肌が黒くなる理由はメラニンです。



      メラニンはメラノサイトにより生成されます。肌が黒くなることはマイナス面ばかりではありません。



      肌をメラニンにより黒くすることで、肌の奥まで光が届かないように遮断し、肌の奥のダメージを最小限に食い止めるという役割があります。



      肌を守るためのものですから、紫外線など光を浴びることによってメラノサイトが活発になり、メラニンが生成されます。



      そのため美白の原理としてメラノサイトに働きかけ、メラニンの生成を遮断するという仕組みで美白をすることができます。

      できてしまったメラニンについては、ターンオーバーによるメラニンの排出をスムーズにしたり、高めたり、メラニンそのものの色を薄くしたりすることで肌を白くすることができます。
      紫外線など光を浴びることによってメラニンが増えますので、美白の原理としては、日焼けを防ぐということが始まりとなります。



      日焼け止めなどを使って光から肌を守り、メラノサイトの働きを抑えたり、メラニンを薄くしたり排出を促すなどといった働きかけにより、美白することができます。



      原理を知らずに化粧品だけを使っていても、効果をあげるのは難しいです。

      なぜ肌を白くすることができるのか、なぜシミを解消することができるのか、その原理を理解したうえで正しく化粧品を活用するとよいです。

  • 関連リンク