日焼け止めは美白効果があります

  • 美白になる原理について

    • 女性の多くは、くすみやしみのない透明感のある白い肌に憧れます。しかし、人間の肌は、紫外線を浴びたりすると黒くなります。



      肌が黒くなるのは、肌内部にメラニンという物質が存在するためで、紫外線などに刺激によって肌がダメージを受けると、肌を守ろうとしてメラノサイトというものが活性化してメラニンをつくられます。
      黒くなった肌を白くするのが美白です。

      美白は、ただ肌を白くするだけではなく、メラニンやメラノサイトにアプローチして肌が黒くなるのを防ぎます。

      現在、様々な美白化粧品が販売されていますが、肌を白くする原理はいくつかあります。



      メラニンはメラノサイトからの指示でつくられるため、メラノサイトでメラニンが合成されるのを阻害することで肌を白くすることができます。



      それによって、メラニンが作られないことでそれ以上肌は黒くならないという原理で、時間が経ってメラニンが排出されれば肌は白くなります。



      また、肌はメラニンがあるから黒く見えるため、メラニンを肌から無くすことでだんだんと白くなります。肌の新陳代謝を高めることでメラニンは排出されやすくなるという原理です。
      そして、メラニンの色自体を薄くすることもできます。
      メラニンは紫外線を浴びると酸化して黒色に変わるため、還元することで黒いメラニンの色を薄くして目立たなくするということです。



      これらの美白の原理を利用することで、肌は白く変化していきます。毎日美白化粧品を使用しながら紫外線対策をすることで白い肌になることが可能です。



  • 関連リンク

    • 女性の多くは、くすみやしみのない透明感のある白い肌に憧れます。しかし、人間の肌は、紫外線を浴びたりすると黒くなります。...

    • 肌に対して添付できる商品には、例外なく美白の原理が応用された成分が入っています。美白の原理は医学的にも既に解明されており、例えば肌に対してシミができたとしても医術的な施術をすることによって簡単にそのシミを消すことができるのです。...